オナ指示を希望する女子大生と相互オナニーをする関係に

 取るものもとりあえず、出会い系サイトのお世話になることにした俺。
自分のスマホに、公式アプリを設置していき、登録作業をすべて終了させました。
本人確認の身分証明書提出をすれば、あとは利用し放題!
確かにポイントも安く済む。
しかも、ハピメもJメも、半端じゃない女の子の数です。
高校時代のダチの話していた、テレフォンセックス用の掲示板も発見。
メチャクチャ賑わっています。
投稿者がこれだけいれば、確実に通話になるなと判断できました。

 

 投稿の新しい順に、気になった女の子にメールを送っていきました。
この作業は、ある程度繰り返す必要があると浜北から言われていたため、辛抱強くメールを送ってみました。
結果!ハッピーメールで、オナ指示を希望する女子大生から連絡がやって来ました。
Fカップのエリカちゃん、すぐ通話したいと書かれていました。
彼女はカカオトークと言うことで、こちらで通話を始めることになりました。

 

 心はウキウキ、股間はウズウズ、心臓はバクバク。
面識のない女の子といきなり通話だけでも、超ハッピー。
まずは軽い挨拶。
そして「エリカはムラムラしている最中?」単刀直入に聞きました。
「うん、メチャクチャエッチな気分で、1人で触っていたけれど、盛り上がらなくて」
「それで、オナ指示が欲しかったんだね」
「うん、エッチな支持とか出されると、燃えちゃうの」
こんな状況だから、エリカと瞬く間の相互オナニーになりました。

 

 プロフにFカップと書かれていたから、やはり気になってしまいます。
「オッパイ、そんなに大きいの?」
「うん、Fある」
「オッパイも敏感だろ」
「感じるよ」
「乳首は硬いの?」
「硬く尖ってる」
「乳首いじりながら、敏感なクリを刺激してみて」
「はい…は…っはぁ…いい…」
「いやらしい声だ」
「気持ち良いと…出ちゃう…はぁ…」
エリカの悶えに、俺のチンポコは極限まで膨張していました!

おすすめ定番サイト登録無料

クリ責め希望の女性を探してセフレにするなら!

page top