カリビアンコムのマンコ図鑑のようなやり方でクリを刺激する

 俺は巨乳の破壊力を知ることになりました。
FカップJDのエリカが目の前にいるだけで、圧倒的なオーラで押しつぶされそうになっていました。
とにかく大きい!
とにかくビック!
その胸の膨らみに、道行く男たちの視線を、俺が感じてしまうほど。
「殆んどの男が、エリカのオッパイを見ているな」
「よく、目線を送られちゃって…」
このドデカイオッパイの肉体が、今から俺のものになる。
半端ではない喜びと興奮が、渦巻いていきました。
ホテルまでの道程、腕を組んでくれるんです。
二の腕にオッパイが当たる。
当たり前ですが、オッキさせつつチェックインしました。

 

 ソファで軽い談笑から、これは紳士の嗜みです。
もちろん談笑しつつ、体にタッチ。
我慢しきれず、オッパイをモミモミ。
猛烈な弾力に下衆な心は、波打ちます。
「マジ、でかいな」
「そんなに見られたら恥ずかしい…」
「もっと恥ずかしくなるように、直接見てあげる」
俺は彼女の上着を脱がしました。
ブラを取ると、まさに巨大な脂肪の塊。
直接触れれば、さらにエロチックな興奮を呼び覚ましてくれます。
そして、オッパイを触りながら、オマンコの方にも手を伸ばしていったんです。
「ダメ、まだ洗ってないから、ダメなの」
「じゃ、脱がしてやるから、シャワーしてきなよ」
「うん」
とても素直な返事でした。

 

 エリカがシャワーから出てくるまで、全裸で待機。
オッキ中のチンポコを軽くさすりながら、彼女の登場を待ちました。
そしてバスタオル姿で、エリカが目の前に立ちました。

 

 M字開脚からのクリ刺激です。
カリビアンコムのマンコ図鑑のようなやり方です。
クリを皮から本人に出させる、そしてクリ舐め。
「いい、それ気持ち良い…はぁああっ」
従順な反応に俺の期待は、さらに盛り上がっていきます。
クリ弄り、そしてローターで責める。
ものすごく大きな声を出し、エリカは陰核の快楽を味わっていました。
激しく何度もアクメを感じさせました。
そして、チンポコをしゃぶり尽くさせた後、濡れた蜜壺にインサート!
ズボズボやれば、俺も気持ちが良い。
エリカも同様!
2人の熱く、乱れた男女関係は2回戦まで突入していくことになりました。

おすすめ定番サイト登録無料

クリ責め希望の女性を探してセフレにするなら!

page top